塾に通っている時の注意点

Posted by norikura on 2011年6月28日 in 塾に通っている時の注意点 |

「塾に通ってしまえば、塾の指導に従っておくだけで大丈夫…」
なんて思っていませんか?

そんなわけにはいきません!
そんな意識だとせっかく塾に通っているのに、
塾の効用を減らしてしまいかねませんよ。

塾に通っている時にも、自分でやらなければならない点や、
意識しないといけない点はあるのです。

以下、説明していきますね。

【授業の聞き方を身に付ける】
塾では授業は行ってくれても、授業の聞き方は教えてくれません。

授業中居眠りなんかは言語道断です。
居眠りしていてはどんな凄い授業を行う塾でも、成績は上がりません。

授業中のノートの取り方にもコツがあります。
よくいるのが、ノートを綺麗に完璧に取ろうとするあまり
肝心の授業を聞いていないという人です。
これでは本末転倒ですね。

一つおススメする方法として、
授業中にメモするノートと、まとめノートを分けるという方法があります。
メモノートは走り書きで、綺麗にまとめるのはまとめノートを使うのです。

もう一つおススメするのは、
テキストに書いてあることは、ノートに書かないということです。
テキストに書いてあることについては、cf.P32L5などと書くのです。
cf.は参照という意味です。Pはページ、Lは行です。
このような記号を使うのもテクニックの一つですね。

【宿題をきちんとこなす】
宿題をやらないと意味をなさない場合も多いです。
塾の中には宿題を出して、次回はその宿題の解説をメインに行うという
授業を行うところも多いようです。
この場合には、宿題をしていないと授業の意味が全くありません。

このような形式でないにしても、知識を定着させるために宿題を出すわけです。
きちんとこなさないといけないですね。

塾に通えば自宅で勉強しなくていい…
そう思っている人が多いようですが、実は塾に行った方が
家庭学習しなくてはならない量が増えるのですよ?

自学自習できるようになる必要があるわけです。

【学校の授業をおろそかにしない】
塾に通っているからといって、学校の授業をおろそかにしてしまう場合が
多いようです。
1回聞いたから、どうせ後で塾でやるから…
このように思っていたのでは、せっかく学校とは別に塾に行っている意味が
なくなってしまいます。

学校ありきの塾だということです。

 

塾と並行して学ぶと良いのが「記憶術」というものです。
あまりご存知の方は多くないかも知れませんが、数年前テレビにも何度か出演されていた吉永賢一という方が提唱されているもので、どんな人でも本気でちゃんと取り組めば記憶力がかなり上がるというものです。

おそらく皆さんこんな覚え方をしたことが記憶にあると思いますが、
「なくよ(794)うぐいす平安京」や「いい国(1192)作ろう鎌倉幕府」などの語呂で覚える記憶法。

もちろんこんな単純なものではないですが、要はこのように何年もずっと覚え続けていられるような記憶を作るコツを教えてくれるものです。

もちろん学力=記憶ではありませんが、記憶力が高まることで学力が上がることは間違えありません。 国語も英語も数学も理科も社会も、5教科すべてにおいて基礎を覚えていなければ解けない問題ばかりですから。

ここを補うことで成績もグンとアップさせるというわけです。

Copyright © 2011-2017 親のための【学習塾】講座 All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.1, from BuyNowShop.com.