正社員講師が優れているとは限らない!?

Posted by norikura on 2011年6月17日 in 未分類 |

塾の規模や種類によって違いますが、
塾講師には、アルバイトと正社員の二種類があります。
正社員の中には、経営者自身が講師となる形式も含みますが
このページでは除外します。

アルバイトは、学生であることが多いようです。

さて…
・アルバイト講師を使っている学習塾
・正社員講師を使っている学習塾
以上の両方が近くにあるとして、あなたならどちらを選びますか?

正社員の方が指導能力が高いのでは?
と考えた人が多いのではないでしょうか。
一般的な見解も、そのようなものが多いように感じます。

プロとアマを比べたらプロの方が上だろう、という発想ですね。

しかし実情・現状をみると…
正社員講師だからと言って優秀だとは限らないのです。

◎塾業界の実情

なぜ正社員講師が優秀とは限らないのでしょうか?

それは塾業界の厳しい現状に由来します。

塾講師の世界は厳しい世界だと言われています。
入れ替わりが激しいのです。

塾によっては、年間で半分近くの講師が入れ替わることもあるようです。
このような塾に入ってくる正社員講師は、
素人が多いであろうことは予想がつきますよね。

塾の講師には、学校の先生と違い免許がいりません。
素人でもなれてしまうのです。
経験とともに指導能力も向上するでしょうが、
人によっては教えることに向いてない人もいるでしょう。

大手の塾でない限り、学習塾の先生と言うのは
地位・ステータスの高い仕事とは言えないのではないでしょうか?
(失礼でしょうが、それが一般的な理解だと思います。)
だとすると、優秀な人ばかりが塾の正社員になるわけではないことは、
予想がつきますよね。

このように、正社員だからと言って優秀とは限らないのです。

◎学生アルバイトは素人?

それに加え学生アルバイトが素人と言えるか、ということも問題となります。
学習塾のアルバイトに採用される学生は、偏差値の高い大学の学生であることが
ほとんどです。
自らが受験を勝ち抜いてきた経験者ばかりなのです。

もちろん問題を解けることと、教えることができることとは別です。
しかし…
勉強ができる人で教え下手はいても、
勉強ができない人で教え上手はいないはずです。
講師になる以上、勉強はできるに越したことはないのです。

高偏差値の大学の学生のほとんどは、塾の正社員とはなりません。

このようなことから、正社員講師とアルバイト講師の学歴・偏差値の
逆転が一部の塾で起こっているのです。

結局は実際に教えてもらわないと、
肩書だけでは教え上手かどうかは分からないということですね。

Copyright © 2011-2017 親のための【学習塾】講座 All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.1, from BuyNowShop.com.